活動内容

  • 音楽レクリエーションとは

    音楽レクリエーション(以下音レク)は笑顔で歌を歌いながら同時に脳トレや軽運動を行います。このような活動はデュアルタスク(二重課題)と言われ、認知症予防に良いとされています。この活動は上手にできることを目的としません。勿論歌をうまく歌う必要も楽器を演奏するもありません。歌うことそして手指を使うことそのものが脳を活性化させます。デュアルタスクの活動で生まれる「できない笑いの共有」「できるようになりたいと思う意欲」は向上心に繋がります。活動を集まってする事で人と繋がり継続する力が生まれます。道具を必要としない音レクは集まる場所さえあればどこでも誰とでもできるコミュニケーションツールなのです。

  • つながることの重要性

    日本の65歳以上の高齢者人口は2020年9月15日時点で3617万人になり、総人口に占める割合(高齢化率)は28.7%となりました。もうすぐ3人に一人は高齢者という時代がやってきます。明るく健康な毎日を過ごしていく為には、認知症予防・※フレイル予防が大切です。そして一番のポイントは「人と人のつながり=社会参加」です。また祖父母と孫がふれあう事は共に良い影響を与えるという研究結果があります。ただ少子化・核家族化が進む中では、高齢者世代と孫世代大きく言えば三世代が関わる機会を作る事が求められています。皆が集まる場ときっかけを誰でも楽しめる音レクで作っていく活動を展開しています。

    *フレイル「健康」と「要介護」の中間の状態のこと

[ イベント開催可能な場所 ]

・地域センター
・幼稚園/保育園
・薬局等のロビー
・スーパーなどのイベントスペース
等様々な場所でイベント等の開催が可能です。

また定期的な活動を講座の形で実施することも可能です。(定期開催の場合は地域によります)
お気軽にお問い合わせください。

お客様の声

  • 戸倉綾子様
    (横浜市西区/横浜そらいろ保育園園長)
    Q1 音楽レクリエーション(以下音レク)はどのような印象を持たれましたか? A 「音楽レクリエーション」という言葉での活動は初めてだったのですが、ためになり楽しい!という印象です。普段歌を歌ったり、手遊びをしたりしていますが、それは子どもとゆったり関わりながら、コミュニケーションをとり心を通わせているもの。音レクはまた少し違ってエビデンスに基づいた奥の深いものだと感じました。

最新の活動実績

  • 2018〜2019年度

    お孫さんと一緒に運動教室
    〜楽しく認知症未病改善〜

    神奈川県が横浜F・マリノスと連携し、高齢者の認知症の予防を目的としたサッカー教室を開催。その活動にスポット参加し音楽レクリエーションを実施。歌いながらの脳トレやペアでの手話歌などを楽しむ。 […]

  • 2019年度

    保育園・幼稚園音レクツアー

    神奈川県内の保育園・幼稚園11園にお伺いし、園児とその祖父母の皆さん(合計700名)と音楽レクリエーションを実施。高齢者の皆様には認知症やオーラルフレイルについてついてのミニ講座を受講いただく。

  • 2016年〜

    音楽健康塾

    練馬区の老人会11団体からなる自主サークル<音楽健康塾>は月2回開催。会員による自主運営の会に講師としてお招きいただく。(複数名で担当)歌いながら活動する音楽レクリエーションは人気が高く5年以上継続さ […]

  • 2017/12/1〜 毎年実施

    親子なかよし読み聞かせカフェ

    ご自宅を解放して行っているサロンにゲストとして参加。集まる子供の年齢に合わせた本の読み聞かせと音楽を使った脳活性プログラムを展開。三世代が一緒に楽しめる活動として喜ばれ<音レク>という名前で定着する。

News
お知らせ

オンラインレクリエーションのお知らせや
活動の報告などをさせていただきます。

Contact
お問合せ

お気軽にお問合せください。数日以内にご返信いたします。